家族4人で見てるドラマ『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)

 

僕は妻と出会うまでほぼ『ひらまさ』でした。

あんなに性格良くないし、あんなに仕事できる人でもなかったけど。

こじらせ具合はそっくり。

 

第6話のラストで叫びました。

「そこまでは許してへん!」

そして長女に笑われた。

夫婦は進級する ~『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』より3~

結婚して14年目、娘も思春期にもなると、ずいぶん自分も変わってるもんで、

この叫び、自分の中に昭和オヤジの成分があるとは意外でした。

 

和田夫妻の感想はまるで『お見合いおばさん』。

僕「ひらまさみたいな奥手やけど優しい男、女子にもっと発掘してほしいわ」

妻「みくりみたいな賢い娘を、うっとおしいと思わん男子が増えてほしいわ」

僕・妻「ええ子やから!」

 

ーーー

「ねえ、パパとママもあんなことしたことある?」

「むろんありますとも」

「いまはしないのね?」

「いい、シャルロット・フィリス、あんたは1年生に習ったことを4年生になっても習おうとは思わないでしょ。それと同じことよ」

(出典が気になるかたはググってください)

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]