今期の仮面ライダーは『仮面ライダーエクゼイド』

デジタルゲームがモチーフの仮面ライダーで、その姿が一部に衝撃を与えました。

でも安心してください。

劇中ではすぐに見慣れたプロポーションに『レベルアップ』しましたから。

 

平成のライダーは頻繁にパワーアップします。

新しいパワーアップアイテムを手に入れて、それを変身ベルトに装着することで「どんどん」パワーアップする。

それに比べて、昭和のライダーはあんまりパワーアップしません。

 

その理由の一つには主人公の年齢設定があります。

昭和ライダーの主人公は20代後半〜30代の『おじさん』世代であることが多い。

平成ライダーの主人公は基本的に『おにいさん』。

 

おじさんは最初に出てきたときから完成形。あんまり伸びしろがない。

でも平成ライダーの主人公はまだまだ成長途中である。

 

これはウルトラマンも同じ傾向です。

一般的に『おじさん』がわかりやすいパワーアップをすることは、リアリティがないみたい。

でも外からは見えない、内面は成長し続けますよね。

 

パパにとって子育てはその大きな機会。

仮面ライダーを子どもと観る。そこにも何か成長のタネがあるかもしれません?

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]