『ONE PIECE』はなぜ人の心をつかむのか?

篠田です。

僕はずっと少年ジャンプで育っています。

思い入れのあるマンガは多いんですが、そのなかでも『ONE PIECE』はチョット別格です(現在80巻まで発売中)。

世界的な人気を誇る本作品の人気やストーリーは言わずもがなです。

本作品の人気の秘密も様々な角度から、いろんな人によって描かれているので、僕が改めて言うまでもないかもしれません。

ただ、先日の少年ジャンプを読んでいて、他であまり言われていない人気の秘訣を感じました(ネタバレ有りなので、まだ読んでない方はページを閉じてください)。

人の心をつかんで離さない理由!

これを見てください。

『ONE PIECE』はなぜ人の心をつかむのか?(少年ジャンプ2016年13号より)

そう、男はみんな忍者好き!

このひと言を、登場人物(フランキー)に言わせている尾田栄一郎さんのセンスヤバい!

さらに!!

実際に読んでほしいんですが、普段シリアスな役どころのゾロやローまで巻き込んで、「男は全員忍者好き!」ということを強く印象づけています。

この演出がにくい!にくすぎる!

そしてそして!

最後には、全員の忍者へのリスペクトに100%のチカラで答える雷ぞう。

こりゃみんなオチるわ。

少年のごときマンガキャラクターに、少年の心を残した自分を重ねて読んでしまうことで、マンガの世界観に入り込んでしまう。

これこそが、『ONE PIECE』が人の心をつかむ理由なのだと思います。

自分を重ねて見ること

子どもとの関わり方がわからない・・・そんな男性はとても多いです。

そんな方はぜひ子どもの様子に自分を重ねてみてください。
大人になってしまうと、つい自分の子どもの頃と子どもを比べてしまいがちです。

ただ、自分の子どもの頃のことなんて、美化されているもの。
そんなものと子どもを比べてしまってはかわいそうです(かくいう僕もやってしまいがちなんですが・・・)。

ぜひ、今の自分に残っている子ども心と、今の子どもを重ねて見てみてください。
きっと、今までと違った景色が見えてくるようになるはずです。

余談ですが以前、こんなシーンもありました。

『ONE PIECE』はなぜ人の心をつかむのか?(ONE PIECE 64巻197ページより)

『ONE PIECE』はなぜ人の心をつかむのか?
(ONE PIECE 70巻93ページより)

ロボにロマンを感じる男どもと、一切の関心を寄せない女の子達。

まるで夫婦のせめぎ合いそのものです(笑)


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]