年明けから我が家全員でハマっている漫画「名探偵コナン」。

我が家、「名探偵コナン」にハマる

 

娘が児童会でハマってきてから、図書館から爆借りしてきて、家族でひたすら読みまわす。

読みはじめたときは、正直、クドくて読み切れるんかなと思っていましたが、半年経ったらいつのまにか最新巻に追い付いてしまいました。

23年分の量が半年。
恐るべし読みやすさ。
そして伏線の張り方。

尾田栄一郎先生のそれはホンマ天才的でしたが、青山剛昌先生もなかなか!

まさかここでこうくるかー!というのが随所に出てきていて面白い。

23年をたった半年で

読み切ってしまうと、もうこの先は次の巻を待たないといけないので、なんというか寂しいものです。

というわけで、次の旅行はコナン巡りかな。

 

以上、次は何読もっかな、篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]