笑いにはコツがある!?

落語。

今、東京でもかなりブームになっているそうですが、これ、かなりのポテンシャルだと思いました。

何がすごいって。

落語を話すと、誰がしゃべっても笑いをとれるってところです。

 

どういうことか・・・

 

方正が面白い!?

僕、実は月亭方正さんがあまり好きではありません。

そういうとチョット語弊はあるんですけど・・・

テレビで見ているかぎりの感想で恐縮なんですけど、そんなに面白くないでしょ?

(某ガキの使い的な番組でも、リアクション大きいわりにそんな面白いこといわへんし)

 

そんな月亭方正さんと林家菊丸さんの2人会にたまたま行かせてもらったらこれが・・・面白いんです。

普段のしゃべりと打って変わって、本当にテンポの良い演目に心地よく笑わせてもらいました。

電車が止まれば繁昌亭へ

 

誰でも面白くなれる!?

そのときにふと思いました。

落語と言うのは、トレーニングさえ積めば、誰がしゃべっても面白くなるんじゃないか。

方正さんの演目も、菊丸さんの演目も、昔どこかで聞いたような話なんです。

 

オチも普通にわかってるんです。

なのに面白いんですよね。

 

あの方正が・・・いやホンマ失礼なんですが・・・あの方正がしゃべってこんなに楽しめるんです。

これはもう、頑張ってトレーニングを積めば誰がしゃべっても面白くなるんじゃないでしょうか。

 

もちろん、簡単に面白くなれるわけではないでしょう。

それでも、面白くなれないというのでもないでしょう。

であれば、頑張り次第で面白くなれるはず・・・。

 

頑張りましょう!

 

以上、あらためてお笑いにはまった篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]