空知英秋/集英社

(C)空知英秋/集英社

先日発売された週刊少年ジャンプで、14年間続いた「銀魂」というマンガが最終回を迎えました。

先週時点で14年も続いていたマンガは、「ONE PIECE」とこいつだけ。

これほどの長寿マンガにはなかなかお目にかかることができません。

とはいえ、連載当初の人気はずっと低空飛行で、打ち切りスレスレだったそうです。

個人的にもあまり好きになれずになんとなく読むのを避けていたんです。

 

これほど長寿化するなんて誰が想像したでしょう。

 

長寿化のあまり、ツイッターなどで「連載が終わるってよ!」ってリツイートされまくってニュースにまで取り上げられてしまったため、「やっぱりジャンプをこよなく愛する人間として読んどかなマズいよね」って思って読みはじめたんですが・・・これは面白いです。

 

とはいえです。

セリフが多い。

ストーリがグダる。

オチまで時間がかかる。

単行本で一気に読み切っているからこそ楽しく読めるのであって、週刊ではやっぱり読む気になれません。

 

まさに終わるから読めるという感じ・・・だったにもかかわらず!

今週号のジャンプで迎えるはずだった最終回は、案の定?終了までたどり着くことはできず、結果的に冬に発売される「ジャンプGIGA」っていうで、続きが連載されることになったそうです。

 

なんじゃそりゃ。

終わるから読みはじめたっていうのに、結果的に終わらんのかい!?

ホンマこれ書いてる空知英秋って人、ヒドすぎるな笑

まぁ、おかげさまで面白いマンガにであえたのでいいんですけど。

 

というわけで銀魂の続き、楽しみにしています。

 

以上、マンガの読みすぎはご注意を・・・篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]