引越し画像13

マジックパパ和田です。
引っ越しは家族にとって最大級のイベントのひとつ。
その作業量と煩雑さ、かかる時間と労力は膨大です。

そして夫婦の価値観が多方面でぶつかる全面戦争でもあります。
結婚直後の新居なら、お互い相手に遠慮していいところに落とし込むことができました。
ですが、今年結婚14年目の和田夫妻、お互い遠慮がありません。

・新居の領土問題
・主導権争い(逆に責任の押しつけ合い)
・予算折衝
・家具の配置交渉
・カーテンの色問題
・etc etc

ざっとあげるだけでも、大小様々な火種があります。

その中で今回一番実感した価値観の違いは、引っ越し作業にとりかかるタイミング。
僕は引っ越し先が決まった直後から、3週間かけて徐々に物を捨て、ダンボールに積め、新居に必要な物品を準備してきました。

でも妻はいつになってもとりかかる気配が見えません。
僕が夕食後も休まず、黙々とダンボールに本を詰めている横で、お茶を飲みながらテレビドラマを観てます。

妻の担当は妻自身の荷物とキッチン。
どっちもけっこうな物量で、僕の見立てではダンボール20箱くらい。
引っ越しまであと3日、絶対間に合わんと思うんやけど…

(引っ越しナメとんのか)
心の中ではイライラしながら、表面上は平然と本を詰め続けるのでした。

9年前、前回の引っ越しではこのイライラを表に出したので、とても夫婦関係ギクシャクしました。
(それでも前回は無事引っ越しできたんやなぁ)
と、思い出しました。

これぞダークサイドへの道。
一番の敵は本当に「身内」、妻の価値観を受け入れられない僕自身の偏狭さかもしれません。

さて、土曜日無事に引っ越しできているでしょうか。
週明けのブログを剋目して待て!
(あ、まだネットつながってないかも)


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]