妻とのせめぎ合いを避けて、本当のパートナーシップはうまれない!

篠田です。

ドラゴンクエストヒーローズ!

メチャクチャ面白いです!

懐かしいキャラクター使ってモンスターをなぎ倒すのとか、スライムがかわいげにタックルしてくるとか、僕ら世代的にホンマヤバいこれ(泣)

さて、とはいえ、ここに至るまでの道のりは決して平坦ではなかったです。

正直、妻とのせめぎ合いのなか、何度も諦めようかと思いました(⇒これまでの経緯はコチラ)。

でも、最後の最後、諦めずにやってこれたのは、やはりドラクエにかける想いが強かったからだと思います。

何がそうさせたのか?

青春を肯定する

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーは、僕らにとって青春時代を共に歩んだ、まさにノスタルジアそのものです!

最近は、流行り廃りが激しくて、どんどんモノが忘れられてしまう世の中です。

だからこそ、古き良きものの肯定を徹底的にこだわりたかったのだと思います。

青春を継続する

僕らにとって古き良きものは、できれば子ども達にも味わってほしいものです。

子育てのやり方(方法)は様々ですが、あり方(価値)は不変だと思います。

だからこそ、僕らの体験を一部でもいいので、一緒に共有することを大切にしたいのです。

ただ、まったく違った青春を歩んだ妻に、僕の青春の価値を理解してもらうことは、とても困難でした。

最初に壁に打ち当たったときは、妻の理解を諦めるか、僕が諦めるか、真剣に悩みました。

でも、どちらも諦めたくはなかった。

せめて妻には、理解してもらえなくても納得はしてもらえるように、たった一つのことを徹底して取り組みました。

対話

そう、対話です。

たかがゲームで対話なんてちゃんちゃらおかしいかもしれません。

ただ、僕にとっては、ゲームというのはあくまで手段(のはずです)。

本当の目的は、子どもとの時間や関わりをよりよいものにしていく、ということです。

単純な会話、外遊び、料理、勉強、スポーツはみんな、そのためにあるんです。

そして、その方法はたくさんあったほうが子育てが豊かに、そしてワクワクするものになると思っています。

そのためにドラクエは存在していると・・・僕は勝手に思っています。

そして、そういうことを妻には納得してほしかった。

だからこそ徹底した対話が不可欠だったというわけです。

結構な時間を使ってドラクエ買ってもいいかを尋ねました。

ドラクエを子ども達と一緒にやることは大切なコミュニケーションであることを何度も伝えました。

その結果、妻からのOKを勝ち取ることに繋がったんじゃないかな~と思います。

夫婦関係はすべて同じ

納得とか理解とかいろいろ言ってきましたが、別に今回に限った話じゃありません。

何をするにも夫婦にとって会話、そして対話は不可欠です。

それを大事にしていない人が、残念ながらとても多いように感じます。

上でも書きましたが、まったく違った青春時代を過ごし、社会人になり、培われた価値観を持った人と結婚して、対話なく成立するなんてあり得ない話です。

いい夫婦関係は結婚したらそこにあるものではなく、自分たちが会話や対話によって作り上げられていくものだと、僕は信じています。

ドラクエでもなんでもいいので、みなさんも、ぜひ対話を大切にしてほしいなと思っています。

おかげさまで、我が家は家族でのコミュニケーションがまた一つ増えました。

妻とのせめぎ合いを避けて、本当のパートナーシップはうまれない!

息子も楽しそう。

娘も楽しそう。

僕は・・・超楽しそう。

妻はこの様子をみてまぁ納得。

方法はなんでもいいんです。

みんな楽しくて毎日にワクワクすることが大切なんですから。

妻とのせめぎ合いシリーズ、お付き合いいただきありがとうございました。

みなさんの日常に、ほんの少しばかりでもお役に立つことができたならば、幸いです。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]