笑ろてるパパがええやん!NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(FJK) 公式サイト

[Member’s Interview #001] 阿川勇太さん

[Member's Interview #001] 阿川勇太さん

事務局長の島津がFJKメンバーに対して、ネホリハホリとホンネを聞き出す「Member’s Interview」。

記念すべき第一回目は、FJK最年少(1989年生まれ)&屈指の“イクメン” 阿川勇太さん。本業は保健師でスポーツ万能パパ。父親譲りの「笑顔」をわが子にも惜しみなく向ける、そのパパ像にせまります!

▶︎阿川さんのくわしいプロフィール

パパになる【不安】が大きくなった

阿川さん、よろしくお願いします。


お願いします。なんだか緊張しますね 笑

早速ですが、FJKには入られたきっかけは何ですか?


パパになる【不安】が大きくなったことですね。

というと?


僕は『保健師』という、いわゆる専門職なので、『子育てはバッチリ!』っと思われるかもしれませんが、『子どもとどう遊んだらいいのか』とか、『パパとして子どもに何をしてあげたらいいのか?』については、まったくわかりませんでした。

保健師さんや保育士さんって、僕もそうやと思ってました。『この人たち、絶対子育てできる』って。


でしょ?専門知識があるがゆえに、「わからなさ」が余計に際立ってしまうんですよね。

悩むより、まず楽しむ!

実際に入られてみて(入会されてみて)どうでした?


会員同士のメーリングリストで普通に悩み事が回ってきたり、飲み会とかで、パパが自分の子どもの話を楽しそうにしているのを見て、そのなんとなくの【不安】はかなり薄れていきました。『あ、みんな一緒なんや』ってね。

それはよかったですね!


で、最近ふと思うんですよ。そういえば僕の父親を思い出す時、全部「笑顔」なんですよね。むっちゃ楽しそう。だから『早くパパになりたい』って思える自分がたし、そもそもFJKって『いいパパでなく、笑っているパパがええやん!』がキャッチフレーズじゃないですか。『どうすればいい子育てができるか?』に悩んで具体策を考えるより、まず楽しむ。そして、とりあえず笑う! 子どもとは笑顔で接するのが、何よりやと思うんですよね。

おお。実はお父さんからの笑顔が、今こうして繋がってるってことですね。


思い返すとそういうことになりますね。今でもホントよく話しをします。

笑ろてるパパは引き継がれている、そんなお話だったかと思います。今日は忙しい中ありがとうございました!


ありがとうございました。

インタビュー後記

阿川さん、インタビューの二日後に海外出張を控えているお忙しい中ではありましたが、快く受けていただきありがとうございました。

(取材:2016年9月)

 

【いち早くインタビューを読みたい方へ]
この「Member’s Interview」は、毎月一回配信しているメルマガ内のコンテンツを元に再編集したものです。早く読みたい!という方はメルマガ登録をされますとお手元のメールBOXへといち早くお届けします。


FJKについて

FJKイベント情報

FJK公式ブログ

FJKメンバーについて



【FJK子育てコンテンツ】〜子育ての“ワクワク”を体感しよう!〜
PAGETOP