10歳になった息子へ伝えたいこと

君は先日、10歳になりました。

僕も父親になって10年になりました。
いや、この表現は、本当は正しくない。

君は忘れていると思うけど、君がこの世(お母さんのお腹の中)にやってきたのは、10年と10ヶ月前のことです。

だから、僕が父親になったのも実は、10年と10ヶ月前ということになるわけです。

 

本当に早いなぁ。

僕が26歳のときにお腹のなかにやってきて、27歳のときに産まれてきてくれました。

気持ちは生まれたときの27歳のままですが、いつのまにか僕ももうすぐ37歳です。

 

お互いにまだまだ出来ることが増えていく、つまり成長できる年齢です。

なので、僕らの歩む道には未だゴールのゴの字もみえてはいません。

でも、この10年で、君にとって「父親」という存在はどんなふうになっているだろうか。

厳しい?
恐い?
優しい?
強い?
よく家にいる?
あまり家にいない?
お母さんと仲がいい?
毎日楽しそうにしている?
それとも、つまらなさそうにしている?

個人的な振り返りをすると、チョット厳しくて恐い父親だったかなぁと思う。

僕の父親もそうでした。

でも、君は楽しそうに「お父さん」と声をかけてくれる。
仕事場にいると、「ただいまー!」と声をかけてくれる。
寝る前には、いまでも仕上げ磨きをせがんできてくれる。

そんなふうに接してくれることが、僕にとってどれだけ嬉しいことか、君はきっと知らない。

 

君にとっては、僕が恐かろうが厳しかろうが、そんなことは関係ないのかもしれないな。

どんなふうに思っていたとしても、君にとって父親は僕1人。

そして、君にとっての父親モデルは、きっと僕だけだという事実が事実であり続けられるなら、それでいいんだろう。
(あとのお父さんたちは「よそのお父さんモデル」)
そんなふうに思います。

 

僕は君をどう育てたい?

僕は少し古いタイプの人間かもしれない。
君が男の子だから、やっぱり強い子、たくましい子に育てたいと思ってしまう。

でも、同時にどう育つかは君次第ということもわかっているつもりです。
なので、どんなふうに育っても、その姿が100点だと信じています。

 

ただ、ひとつだけこれだけは!と思うことがあります。

それは、「自分に自信を持ってほしい」ということです。

僕は、君が自信を身につける方法を知っています。
知ってはいるけれど、その方法は言葉だけでは伝えられません。
君がその方法を知るには、身近な人の最大限のサポートが必要不可欠です。

僕は、父親として、その役割を人生懸けて担っていきたい。

だから、どう育てたいかよりも、どんなふうに関わっていきたいか、ということが何よりも大事なのかなと考えています。

 

次の10年

あと10年経てば成人です。
君が20歳になったとき、僕は47歳です。

47歳の僕など正直想像がつきません。
君もそうでしょう。
20歳の自分など想像もできないだろうと思います。

だから、無理をしてそんな先のことなど考える必要はありません。

大切なのは、10年後、どんなふうにもなれるように、今、自分は何をすべきか?ということです。

とはいえ、10歳の君にはそれすらも難しいでしょう。

でも、安心してください。

だから、僕がいるんです。
だから、母親がいるんです。
だから、先生がいるんです。
だから、友達がいるんです。

未完成ですばらしい君のために、人生をかけられる僕たちがいます。

そのことだけは絶対に忘れないでください。
忘れずに歩み続けたその先に、20歳の君が待っていますよ。

10歳の君にはまだまだ伝えたいことがたくさんあります。

 

今日、君に伝えたいこと。

「僕は君の父親で幸せです」

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]