ブログを書き続けることによって得られたこと

文章力を高めると何が得られるのか。

ブログを書き続けて1000日ちょい。

僕が得られたと実感できるものをひと言でいうと「コミュニケーション力」です。

 

要点は何か。

背景はどうか。

根拠はなんなのか。

 

3年前に比べて、整理して伝える力はずいぶんついたというのは実感としてあります。

こういうスキルを身につけたかったので、本当に言うこと効いてやってよかったなと思うんですが、さらに、書き続けてもうひとつ得られたスキルがあります。

 

今、息子は作文のトレーニングをしているんですが、そのアドバイスができるようになったことです。

子ども達の作文って、親はとにかく「書けー!書くんだー!!」みたいに言ってしまうんですが、それって本当にダメなパターンの典型です。

書かせる以上、親が書けるのは当然です。

そして、教えるなら具体的なアドバイスも必須です。

それができないならさせるべきではありませんし、百歩譲ってさせるなら口出しなどすべきではありません。

 

で、逆に書けるようになると、変に書かせるようなアドバイスって出来なくなるもんなんです。

つまり、書けない人ほどダメなパターンに陥ってしまうってことなんですね。

これは、自分でも驚くべき成果でした。

続けるってすごく大事!

勉強になりました。

 

以上、とにかくパパは全員、文章書きましょう!篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]