おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

シアトルの長い初日が終わっての2日目。

起きたのは朝5時半です。

よくぞそんな時間に起きられたもんやなぁと、自分自身本気で驚きました。

その時間に起きたのは、3月5日に開かれた「ホットチョコレートラン」というイベントに、高場さんと一緒に参加するためです。

おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

⇒シアトル滞在中の記事「篠田親子、シアトルをゆく」はこちら

 

ホットチョコレートラン

僕は全然チョコが好きではないんです。
むしろキライな部類に入ります。

でも、現地のイベントに参加できる機会なんてそうそうあるわけではありません。

たまたま訪米期間中にイベントが開催されるということであるということで参加したんですが、正直あまり期待していませんでした。

それは、日本の地方でやっている5kmだか10kmだかってのは大体1000人も集まらないからです。

このイベントも、チョコはあるけどそのために高いお金出して走るなんてまぁないでしょうって思っていたんです。

それが!

ふたを開けて来てみたら、とにかく人!人!!人!!!

ひたすらスタート地点に向かう行列が出来上がっていました。
(参加者発表によると、当日のイベント参加者はなんと8,000人超!!)

おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

 

一体感が素晴らしい

イベントに参加させてもらって、素晴らしいと感じたことが2つありました。

1つは、とにかくマナーがいい!

参加者はみんな、参加することそのものをとても楽しみにしているようでした。
なので、行列ができても誰一人文句言いません。

むしろ、並んでいることそのものもイベントとして楽しんでいるようにすら見えました。

おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

そしてもう1つは、とにかくイベントでの一体感!

イベント開始前の国歌斉唱。

流れはじめた瞬間に、それまで人の話なんて何一つ聞こうとしなかった人たちが、一斉に黙って胸に手を合ててアメリカ国旗に向けて歌いだしました。

僕も思わず胸に手を当てたほどです。
それほど素晴らしい一体感でした。

この2つ、ぜひとも日本の人たちにも、学んで欲しいなと思いました。

 

シアトルを走ったあとのチョコは、チョコ嫌いでもおいしかった

ハーフまで走ったことのある人間にとって、ペース配分さえ間違えなければ5kmを走るくらいどうってことありません。

かなりゆっくり目の走ったのでタイムこそ平凡でしたが、息ひとつ切らずに走ることが出来ました。

おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

終了後は念願の!?チョコレートタイムです。

おやこで短期留学?inシアトル④(アメリカのイベントは本当に素晴らしい)

僕は、チョコは正直、食べずに残そうと思ってたんです。

でも、走ったあとはやっぱり糖質を体は欲しているんですね。

一度口に入れてしまったら・・・残念ながらウマ過ぎ!

ホットココアもチョコバナナも濃厚チョコレートも全部あっさり平らげてしまいました。

チョコレートに対する見方を少し変えなければなりませんね。

 

とまぁ男2人、存分に楽しませてもらいました。

シアトルのツアーを組むときは、こうしたイベントもぜひ組み込みたいなぁと思いました。

このあとは、息子たちも連れて、高場家のみなさんが仲良くしている現地の友達の誕生日パーティーに出席です。

 

続く。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]