誰を意識してブログを書くか?

篠田です。

ブログを書くネタ続きで恐縮です。

やっぱりなんだかんだ言って毎日書くと、ときどき困るんですよね。
なので、ときどきこうやって整理しようとしています。

ブログをのネタ出しでは感情が大事

昨日、喜怒哀楽やアハ体験を大事にしていると書きました。
ネタ出しとしてとても大事なポイントです。

書き出しやすさでは明らかに違いますし、自分の感情に正直なので、「誰」に対して伝わりやすいんです。

でも、それとは別にもう一つ、ブログを書くうえで大事にしていることがあります。

誰にどう感じてもらいたいか

人に見てもらうためのモノである以上、「誰」に見てもらうかが大切です。
そして、その「誰」に「どのように感じてもらう」かです。

うまくブログを書けたなぁと思うときは、「○○さんだったら読んでどう感じてくれるか」が明確だったりしますし、それができていると、自分で読んでもけっこう楽しめます。

一つの記事に対象は一人、感じられ方は一つでいい

読んでもらうイメージはたった一人でいいんです。

「○○さんだったら、□□くんだったら、××ちゃんなら・・・」なんて考えていてはキリがありません。

ターゲットはただ1人です。
感じられ方もただ一つ。
「どう感じてくれるかな?」ではゴールが見えません。

もっと明確にすることが大事です。

「笑ってくれるか」
「驚いてくれるか」
「わかるーっ!て言ってくれるか」

書いてて「おぉ、そのとおりやなぁ。」と思いました。
ターゲット自分かい!?って感じです。

SNSでもきっと同じことが言えると思いますので、もしよければ参考にしてみてください。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]