公務員になったハナシ②「結婚が僕を呼んでいる」

篠田です。

僕は2013年3月31日まで、12年間勤めた大阪府庁を退職しました。

あれからもう3年です。
あっという間です。

前回のブログでお話したとおり、僕は結婚して幸せな家庭を築くために、安定を求めて公務員を目指しました。

まわりと比べて、目指し始めた頃から結婚願望がかなり強かったと思います。

若い父親になりたい

結婚願望が強かったのは、早く父親になりたかったからです。

早く父親になれたら、若い父親になれます。
年を経てから父親になるより、早く父親になった方がいろんなことがたくさんできる、と思っていました。

子どもは3人ほしい

結婚相手も決まってないうちから、3人の子どもがほしいと思っていました。

子どもの性別は、男、女、どちらでも(できれば男)。
20代で2人産んで、35歳までに3人目。

そうするためにはできるだけ早く結婚しないと・・・。

ライフデザインに安定は不可欠

こうして描いたビジョンをどうすれば実現できるのか?

当時の僕は、大の馬好きで、北海道の牧場で住み込みとかしようと本気で思っていました。
でも、それは決して安定が確約されたものではありません。

それに比べて、公務員は圧倒的な安定感を実現してくれます。

僕のライフデザインが順調すぎると自分でも思うのは、この「安定」が大きな力を発揮しているように思います。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]