降ってきた神ネタを忘れてしまったら・・・

篠田です。

毎日ブログを書いていると、ときどきネタに困ったりもしますが、逆にときどき「おっ!」と思うようなネタが頭の中に降ってきたりします。

そういうネタは、漠然としていた自分の思考が整理されるので、書いていて楽しいんですよね。

降ってくるのは日常のひととき

これまでのブログでも、日常の何かをやっていて突然ネタが降ってくることってときどきあります。

ご飯を作ろうとしているときにもありましたし(カレーおでん 参照)、
車を運転しているときにもあります(いつものイライラをおこさせない 参照)。

頭を空っぽにしてやっているときにくることが多いかもしれません。

先日は、朝、洗濯物を干しているときに突然やってきました。

ネタはすぐにメモれ!

降ってくるネタはインパクトが強いんです。
でも、頭の中から消えちゃうのも早いんですよね。

先日、ネタが降ってきたときは洗濯物を干している真っ最中だったので、終わったらメモしようと思っていたら、終わったことにはメモることを忘れてしまいました。

すると、見事にネタが降ってきたことだけ覚えていて、どんなネタだったのか完全に忘れてしまっていたんです。

なので、降ってきたら、何を差し置いても手書きなり携帯なりメモを取らないといけません。

メモを忘れてしまうと大変です。
ネタは覚えていないのに、降ってきたときの心の高ぶりだけやたら鮮明に覚えてしまっているので、悔しいなんてもんじゃないわけです。

諦めたい・・・でも、あれほど高揚したネタを忘れるなんてやるせない。
そんな感じです。

思い出すには行動をなぞれ!

どうしてもメモれなくて、結果忘れてしまって、どうしても思い出せない。
でもどうしても思い出したい!

そんなこともありますよね。
そんなときはもう一度行動をやり直してみてください。

僕は洗濯物時に降ってきたネタを思い出すのに、もう一度洗濯物をやり直しました(笑)

でも、普通はそんなことできませんよね。

早い話、どんなときもすぐにひと言メモしておきましょう、ということです。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]